[2023年01月01日]

心に響く言葉(29)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。

第29回は、人とのつきあい

「知に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。
夏目漱石(1867~1916)
「世間を欺くには、世間と同じ顔をなさいな。」
ウィリアム・シェークスピア(1564~1616)
「真の友人は、災難に出会ったときにはじめてわかる。」
イソップ(前620~560)
「仕事をすればお金が入るかもしれないけれど、友だちと付き合っても一銭にもならないでしょう。」
ジェーン・オースティン(1775~1817)
「友たるものは、推察と沈黙に熟達した者でなければならない。」
フリードリッヒ・ニーチェ(1844~1900)
「禍は口より出でて身を破る。福(さいわい)は心より出でて我をかざる。」
日蓮(1222~82)
「神は人間に一つの舌と二つの耳を与えた。しゃべるよりも二倍多く聞くためである。」
エピクテトス(55~135)
「沈黙は愚者の機知である。」
ジャン・ド・ラ・ブリュイエール(1621~95)
「なぜ、このように悪口が絶えないのだろう。人々は、他人の功績を少しでも認めると、まるで自分の品位が下がるように思っている。」
ヨハン・ボルフガング・フォン・ゲーテ(1749~1732)
「秘密だってことはわかっているさ。何しろいたるところでささやかれているからな。」
ウィリアム・コングリーブ(1670~1729)
「オセッカイこそ人間が生きていることの保証である。」
梅崎春生(1915~65)
「人にお世辞を云うのは、云う人が考えるほど効果的ではない。」
野上弥生子(1885~1985)
「説教をする男は、一般に偽善者である。説教をする女は決まって器量が悪い。」
オスカー・ワイルド(1854~1900)

投稿者 m-staff : 11:39 | トラックバック (0)

[2012年09月06日]

田中靖政先生七回忌「偲ぶ会」の写真掲載!

先日開催された田中靖政先生七回忌には「お墓まいり」「偲ぶ会」と、のべ50名もの方々にご出席いただきました。偲ぶ会では、田中先生の奥様をお迎えして、楽しいひとときをすごさせていただきました。みなさんの素敵な笑顔をご覧ください。
http://yahoo.jp/X_0eQd

津田賀恵子(54年度卒)


投稿者 m-staff : 10:44 | トラックバック (0)