[2022年01月01日]

心に響く言葉(27)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。

第27回は、人生というものは

「だまされる人よりも、だます人のほうが、数十倍くるしいさ。地獄に落ちるのだからね。」
太宰 治(1909~48)
「人は絶えず人生の短いことを嘆くが、その実人生ほど長いものはない。なぜなら人はその使い道を知らないからである。」
アルフレッド・ビニー(1797~1863)
「人生なんてやさしい 目を閉じてみるものすべて誤解すれば」
ビートルズ
「ハナニアラシノタトエモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ」
井伏鱒二(1898~1993)
「悟りという事は如何なる場合にも平気で生きてゐるという事であった。」
正岡子規(1867~1902)
「最初の呼吸こそ、死の始めだ。」
トーマス・フラー(1608~61)
「生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終に冥し。」
空海(774~835)
「ついにゆく道とはかねて聞きしかどきのうきようとは思わざりしを。」
在原業平(825~80)
「余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス。」
森 鴎外(1862~1922)
「私は二十歳だった。それが、人生最良の時だなどとは、だれにもいわせない。」
ポール・ニザン(1905~40)
「若人の情熱も、老人にあっては悪徳である。」
ジョゼフ・ジュべール(1754~1824)
「周りから「お若く見えますね」といわれるようになったら、あなたはもう若くはないのだ。」
ワシントン・アービング(1783~1859)
「だれでも長生きしたいと思う、だが、年をとりたいと思う人はいないはず。」
ジョナサン・スウィフト(1667~1745)

投稿者 m-staff : 09:33 | トラックバック (0)

[2012年09月06日]

田中靖政先生七回忌「偲ぶ会」の写真掲載!

先日開催された田中靖政先生七回忌には「お墓まいり」「偲ぶ会」と、のべ50名もの方々にご出席いただきました。偲ぶ会では、田中先生の奥様をお迎えして、楽しいひとときをすごさせていただきました。みなさんの素敵な笑顔をご覧ください。
http://yahoo.jp/X_0eQd

津田賀恵子(54年度卒)


投稿者 m-staff : 10:44 | トラックバック (0)