[2020年05月01日]

心に響く言葉(24)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。

第24回は、男と女のはざま

「男と交際しない女は、少しずつ色あせる。女と交際しない男は、徐々に阿呆になる。」
アントン・チェーホフ(1860~1904)
「神は男をつくられた。そして彼が十分孤独ではないと思われたので、伴侶を与えられた。」
ポール・バレリー(1871~1945)
「女を慕うて死ぬという事は、いろいろの死に方のうちで最も楽しい死に方である。」
谷崎潤一郎(1886~1965)
「男は、女にすべてを与えることを求める。女がそのとおりにすべてをささげ、生涯をかけて尽くすと、男はその重荷に苦しむ。」
シモーヌ・ド・ボーボワール(1908~86)
「もっとも低級な男でも、もっとも高級な女よりは、はるかに高級だ。」
オットー・バイニンガー(1880~1903)
「私は男に生まれなくてよかった。女と結婚しないですんだんですもの。」
スタール夫人(1776~1817)
「生娘の一番いけない所は、鼠にもキャッと悲鳴をあげるくせに、狼には笑いかけたりする事なんですよ。
井上ひさし(1934~2010)
「この身体の四分の三が墓に入ったら、女性についてどう思うかを口にしよう。それから墓穴の蓋石を大急ぎで閉めよう。」
レフ・トルストイ(1828~1910)
「美人で頭がよいというのは一種の辛い人生ではあるまいか。」
山口 瞳(1926~95)
「恋に狂うとは、ことばの重複である。恋とはすでに狂気なのだ。」
ハインリッヒ・ハイネ(1797~1856)
「良識を求めることのできない人間に三種類ある。すなわち、恋をしている男、恋をしている女、それと恋をしていない女である。」
バーナード・ショー(1856~1950)
「恋する男と女がいっしょにいて、少しも退屈しないのは、始終自分と相手のことばかり話題にしているからである。」
ラ・ロシュフーコー(1613~80)
「恋愛がやっかいなのは、共犯者なしではすまされない罪悪だからだ。」
シャルル・ボードレール(1821~67)
「恋というのは、すぐ冷えちゃうから、暖めたり、揺さぶったりしなくちゃいけないのよ。」
エディット・ピアフ(1915~63)

投稿者 m-staff : 10:11 | トラックバック (0)

[2012年09月06日]

田中靖政先生七回忌「偲ぶ会」の写真掲載!

先日開催された田中靖政先生七回忌には「お墓まいり」「偲ぶ会」と、のべ50名もの方々にご出席いただきました。偲ぶ会では、田中先生の奥様をお迎えして、楽しいひとときをすごさせていただきました。みなさんの素敵な笑顔をご覧ください。
http://yahoo.jp/X_0eQd

津田賀恵子(54年度卒)


投稿者 m-staff : 10:44 | トラックバック (0)