[2005年01月03日]

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。深秋会OB・OGの皆さんはどのような新年を迎えられたでしょうか。皆さん、それぞれ一年の抱負を持って元旦を迎えられたことと思います。

 小生は大晦日から元旦までほとんど例年と同じようにごく平凡に過ごし方をしました。まず家族とともに「紅白」を見ました。あとで視聴率を見てみましたら、今年の「紅白」でもっとも視聴率の高かったもののひとつに「マツケンサンバ II」がありました。テンポの速いサンバの陽気さと、踊りの振り付けが顔や腕の「上向き」の動きを意識的に強調したのとあいまって、不況や内外の自然災害で重苦しく沈んだ人びとの心にアピールしたのかもしれませんね。「暴れん坊将軍」のイメージ強いマツケンさんが「キンキラ」の着物でサンバを踊るという意外性も高視聴率の原因のひとつだったかもしれません。

 NHKの「ゆく年、くる年」はマンネリになってしまいましたね。もうちょっと、2004年とはわれわれにとってどんな年だったのか、2005年になにがわれわれを待ちかまえているのか、分かりやすいシンボリックな描写ができなかったものかと思います。

 今年は元旦午前1時半から6時半までの5時間、田原総一朗さんが司会をする「朝まで生テレビ---元旦スペシャル・ドーなる日本2005!?」につきあいました。

田中 靖政

投稿者 m-staff : 2005年01月03日 10:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/976