[2006年10月22日]

俳句(2006-10-22)

五升薯といひて珍重蝦夷に住む

高浜年尾(1900〜79)

五升薯(ごしょいも)が秋の季語。馬鈴薯(ばれいしお)、じゃがいも、じゃがたらいも、八升芋も同意の季語です。
蝦夷、道産子のわたしとしては、小さい頃、じゃがいもを「ごしょいも」と言っていました。中学校の家庭科の実習は、いもほりでした。地中から根を引っ張り出すとぞろぞろと薯が顔を出します。
ジャガイモは、江戸時代にジャカルタから渡来したのでそう呼ばれていますが、南米のアマゾン原産。じゃがいもの花は夏の季語です。
作者たかはま・としおの紹介は、2005年3月21日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2006年10月22日 05:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1689