[2006年11月03日]

俳句(2006-11-03)

文化の日一日賜ふ寝てゐたり

清水基吉

文化の日が秋の季語。明治節も同意の季語です。
もともとこの日は、明治天皇の誕生日で、明治時代には天長節といわれ、昭和の初めに明治節と定められました。文化の日になったのは1948年です。進駐軍の民度の低い日本人への融和策との説もあります。
わたしは毎年、文化の日は、仕事でくたびれて、寝ていました。という記憶しかありません。そうでないときは、草野球をしていた印象があります。
作者は、戦前に芥川賞を取った作家ですが、同じく寝て暮らしていますね。文化の日と騒いでいるのは勲章目当ての人たちなのでしょうか。
作者しみず・もとよしの紹介は、2006年1月26日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2006年11月03日 06:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1701