[2006年12月27日]

俳句(2006-12-27)

年用意利尻昆布の砂落す

細見綾子(1907~97)

年用意が冬の季語。春支度(はるじたく)も同意の季語です。
これはうまい句です。日常のひとコマを何の外連味(けれんみ)もなくそっと見せた味のある句です。年用意は、北海道の「利尻昆布」の砂を落すだけなんて! 唸りました。
年用意とは、新年を迎えるための色々な用意をすることをいいます。
たとえば、家の中の煤掃き、畳替え、障子張り、家の廻りの繕い、正月用の買い物、松飾りや注連飾り、餅つきなど数え上げれば切がありません。
我が家では、今年は転居したばかりですから気楽にやるつもりです。
それまでは三階建ての一軒家でしたから、上から下まで大掃除が大変でした。今年はのんびり出来そうです。
作者ほそみ・あやこの紹介は、2006年8月2日を参照。
(出典:「合本俳句歳時記第三版」角川書店、2003年刊)
・太平洋をすごい低気圧が北上中、昨日は風や雨の横須賀でした。今日は最高気温が20℃をこえそうです。変な天気ですね。

投稿者 m-staff : 2006年12月27日 05:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1759