[2007年01月03日]

俳句(2007-01-03)

粉雪やタスキ渡りし箱根道

榊原風伯

粉雪が冬の季語。
箱根駅伝(第83回東京箱根間大学駅伝競走)は、1月、2日、3日にかけて、東京・大手町から箱根町を結ぶ217.9キロメートルを20チームが競い合うものです。大学後輩の乙部さんから次のようなメイルが来ました。
「1月2日、3日の第83回箱根駅伝において、学習院生として初めて大学法学部2年の川内優輝君が選抜チーム(学連選抜)に選ばれ、箱根路を走る予定です。出番は6区(復路の山下り)との事です。」これは楽しみです。
昨年は、駒澤大学の五連覇を阻んで亜細亜大学が総合優勝しました。
川内君の快走を期待してテレビにかじりつきましょう。駅伝の一番の楽しみはタスキを渡す瞬間です。タスキを渡す者と渡される者の友情の交歓こそ最大のドラマです。
(出典:「炎環」2003年3月号より)
2日の往路は、先行の東海大学を抜いて順天堂大学が逆転優勝、面白いレースでした。さて、復路を制するのは、総合優勝はどの大学でしょうか。

投稿者 m-staff : 2007年01月03日 06:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1766