[2007年02月14日]

俳句(2007-02-14)

バレンタインの日なり山妻ピアノ弾く

景山筍吉(1899~1979)

バレンタインの日が春の季語。バレンタインデー、愛の日も同意です。
今日はチョコレート騒ぎの日です。残念ながら「不二家」を除いて、日本中のお菓子屋さんが待ちに待った日です。1年中のチョコレートの3割近くがこの日に売れるそうです。我が家の男3人の中で一番チョコレートを頂いたのは次男で、そのせいかいま虫歯に悩まされているようです。
この句は、愛の日に、ピアノを弾いている山妻(愛妻)に年甲斐もないおかしみを感じたのでしょう。山妻がいいですね。
作者かげやま・じゅんきちは、京都市生れ、俳句は逓信省(現郵政省)の役人時代から富安風生などの誘いで東大俳句会に参加し、高浜虚子の指導を受けました。俳誌「草紅葉」を創刊主宰しました。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2007年02月14日 06:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1808