[2007年03月10日]

俳句(2007-03-10)

喇叭水仙希臘の壷に挿し剰り

草間時彦(1920~2003)

喇叭水仙(らっぱすいせん)が春の季語。ダッフォディル、桃色水仙も同意の季語です。
水仙といっても色んな種類がありますが、このグループの品種が一番多いようです。花の形が喇叭状に発達しています。イギリスでは、
「ダッフォディル」といって他のグループとは区別をしています。色は黄色、濃い黄色、白のほかに桃色などもあります。
作者は、希臘(ギリシャ)の壷に喇叭水仙が挿し剰(あま)っているのを見て、神話の世界に引込まれたように感じています。
作者くさま・ときひこの紹介は、2005年7月11日を参照。
(出典:「新季寄せ」蝸牛社、1995年刊)

投稿者 m-staff : 2007年03月10日 06:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1832