[2007年05月15日]

俳句(2007-05-15)

麦秋のやさしき野川渡りけり

石塚友二(1906~86)

麦秋(ばくしゅう)が夏の季語。麦の秋、麦秋(むぎあき)ともいいます。
麦が熟した頃やその季節を指します。木々が芽吹いて新緑にうつる頃は気候も安定してわが国が一番美しい緑に包まれる時期です。多くの作物がこれから生長し始める頃に、収穫を迎える初夏の麦畑の色は美しく感じます。夏ですが、取り入れどきなので麦秋と秋の字を使います。梅雨前の忙しい時期でそろそろ麦刈りが行われます。
この句は、その麦の秋の田園風景を良くとらえていて、心が豊かになる句です。
作者いしづか・ともじの紹介は、2005年10月9日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)

投稿者 m-staff : 2007年05月15日 05:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1899