[2007年06月19日]

俳句(2007-06-19)

戦に敗れ豚草のみおごる

上村占魚(1920~96)

豚草(ぶたくさ)が夏の季語。
蓬に似たような草で、秋になると花粉アレルギーの元になります。繁殖力が旺盛でどこにでも顔を出します。キク科の1年草で北米原産。明治の初めに渡来し、その後帰化して荒地や道端に咲いています。
戦(たたか)いとは、いわずと知れた太平洋戦争。その荒廃した大地のいたるところに豚草が咲いています、とただそれだけのことですが、生命のたくましさを伝えてくれる句に仕上がっています。
作者うえむら・せんぎょの紹介は、2006年6月27日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)
・今日でこの欄も900回目。仙台にいる孫5歳の誕生日。翔が如し。

投稿者 m-staff : 2007年06月19日 05:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1934