[2007年07月16日]

俳句(2007-07-16)

達磨船海記念日の満艦飾

村山古郷(1909~86)

海記念日が夏の季語。海の日も同意の季語です。
以前は7月20日でしたが、いまは月の中旬の日曜日と月曜日を重ねて連休にしています。それで今年は16日の月曜日が「海の日」になりました。2008年は21日が海の日です。
この句は、見たままを写実しています。達磨船(だるまぶね)は、今ではあまり見られなくなりましたが、和洋折衷の幅の広いはしけ船をいいます。海の記念日に港の中を満艦飾に仕立てた達磨船が威勢よく動いている様子がうかがえます。どこの港でしょうね。
作者むらやま・こきょうの紹介は、2006年5月19日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・昨日午後、台風4号が東の海上に抜けました。関東地方を直撃するという進路予想がはずれてほっとしましたね。今朝は台風一過のまだ頂上付近に雪を残した富士山や伊豆半島が見えます。夏の甲子園を目指す高校野球が再開します。

投稿者 m-staff : 2007年07月16日 04:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/1961