[2007年09月30日]

俳句(2007-09-30)

新米といふよろこびのかすかなり

飯田龍太(1920~2007)

新米が秋の季語。今年米、早稲の飯、古米(こまい)も同意の季語です。
我が家では、千葉産の「ふさこがね」という新米が農協から届いたので、それまで食べていたお米がまだ残っているのですが、早速今年のお米を食べてみました。これが本当に美味しかった。まるで違うお米です。
新米は、9月の下旬に出て、10月上旬に出回ります。
この句は、その新米を食べた喜びを「かすかなり」といっていますが、本心はその反対と見ました。毎年、美味しいお米を食べられる喜びに勝るものはありません。
作者いいだ・りゅうたの紹介は、2005年1月31日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・29日は前日の暑さに反して、寒いほどの天候、雨が草花を震えあがらせていました。そして30日今朝は秋雨が降っています。

投稿者 m-staff : 2007年09月30日 06:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2038