[2007年10月13日]

俳句(2007-10-13)

秋の波鳶の激しきときに見ゆ

福田甲子男(1927~2005)

秋の波が秋の季語。秋の海、秋の浜も同意の季語です。
三浦半島は「鳶」の多いところです。わたしの住んでいるところは相模湾に面した西側ですが、毎日、ピーヒョロロと鳴く声を聴いています。鳥たちは、雀、鳩、鴉、鳶、鷹などそれぞれに自分の持ち場を持ち、棲み分けているようです。ときには鴉が群で鳶を追いかけていることがあります。
この句は、実際に秋の波が激しいときに、同じように鳶も多く頭上を旋回して集まってくると詠んでいますが、わたしはまだ相模湾でそのような光景を見たことがありません。しかし、何となく鳶が気になるのでこの句を選んでみました。
作者ふくだ・きねおの紹介は、2006年2月5日を参照。
(出典:「合本俳句歳時記・第三版」角川書店、2003年刊)
・メジャーリーグのプレイオフが真っ盛りです。最後に残るのはどのチームでしょうか。

投稿者 m-staff : 2007年10月13日 05:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2051