[2008年06月16日]

青梅を落しし後も屋根にゐる

相生垣瓜人(1898~1985)

青梅が夏の季語。梅の実、実梅、小梅、実梅落つなども同意の季語です。
我が家でも「梅酒」づくりが始まりました。毎年、この時期になると連れ合いはせっせと梅酒を作り始めます。わたしはそれを横目で見て出来上がりを想像し、悦に入っています。
梅は、梅酒、梅酢、梅肉エキス、梅干、煮梅、梅ジャムなどさまざまな利用方法があります。何より健康にプラスになりますね。
この句は、屋根から梅ノ木の青梅を落とした後もまだ降りずに屋根にいるという発想がユーモラスな感じを持っています。
作者あいおいがき・かじんの紹介は、2005年6月19日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・中国の四川大地震の大変な状況をテレビで見ていたら、14日朝、
岩手・宮城内陸地震。仙台の次男家族は無事でした。

投稿者 m-staff : 2008年06月16日 06:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2324