[2008年06月23日]

熟れ頃も冷え頃も誕生日のメロン

大橋敦子

メロンが夏の季語。西洋メロン、マスクメロンも同意の季語です。
三浦半島の特産品にメロンがあります。産地化されたのは1975(昭和50)年頃からで高品質のネットメロン、赤肉系の品種も導入されています。直売所では並ぶとすぐに売れてしまうそうです。
車で10分の津久井浜観光農園では、ハウス栽培のメロン狩りが人気です。
この句は、素直に淡々とメロンを賞味する情景を詠っています。誕生日にメロンを食べるなんてうらやましいですね。
作者おおはし・あつこは、1924年福井県敦賀市生れ、俳人・大橋桜坡子(おうはし)の長女。1949(昭和24)年、桜坡子が「雨月」を創刊し、この編集にあたります。「ホトトギス」の同人。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)

投稿者 m-staff : 2008年06月23日 07:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2340