[2008年06月29日]

石竹や美少女なりし泣きぼくろ

倉橋羊村

石竹(せきちく)が夏の季語。唐撫子(からなでしこ)ともいいます。
ナデシコ科の多年草で中国が原産地。高さは30センチほど。7月ごろに枝の先に撫子に似た五弁の花を咲かせます。日本産の撫子に比べて唐撫子と呼ばれています。
花の色も基本色はピンクですが、黒紅、桃、白、紅などもあります。
この句は、石竹の可憐さと美少女の泣きぼくろの兼ね合わせが面白い効果を生んでいます。
作者くらはし・ようそんの紹介は、2006年7月21日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)

投稿者 m-staff : 2008年06月29日 07:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2347