[2008年07月18日]

足許にゆふぐれながき韮の花

大野林火(1904~82)

韮(にら)の花が夏の季語。花韮、韮咲くも同意の季語です。
韮は、暑い盛りを涼しげに花を咲かせています。それがいいですね。
ユリ科の多年草で中国の原産です。アジアの各地で広く栽培されています。
茎の先のてっぺんに白い小さな花が球状に集まってたくさん咲いています。この句は、夕暮れ時に、そのにらの花が足許に揺れていて、今日も一日何事もなく終わるであろう、としみじみとした様子を感じさせてくれます。
作者おおの・りんかの紹介は、2005年6月13日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)
・野茂が引退、お疲れさんでした。

投稿者 m-staff : 2008年07月18日 06:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2373