[2008年07月20日]

古日傘われからひとを捨てしかな

稲垣きくの(1906~87)

古日傘が夏の季語。日傘、白日傘、絵日傘、日からかさ、夏こうもり傘、パラソル、黒日傘なども同意の季語です。
このところ黒い日傘をさしている人を見かけますね。ちょっとした流行なのでしょうか。日傘は、見た目にも涼しいように、白またはそれに近い色のものも多く、白日傘とも呼ばれています。絵日傘は、絵や模様のついたとてもきれいなものです。
作者は、映画女優で恋多き人生を歩んだようです。俳人の鈴木真砂女と俳句の上で並び称された時代がありました。
古日傘と恋の破局がよく効いています。
作者いながき・きくのの紹介は、2006年6月8日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)

投稿者 m-staff : 2008年07月20日 06:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2375