[2008年08月18日]

正直に咲いてこぼれて鳳仙花

遠藤梧逸(1893~1989)

鳳仙花(ほうせんか)が秋の季語。つまべに、つまくれなゐも同意の季語です。
この花は情趣があっていいですね。東南アジアの原産で全国いたるところで目にすることができます。夏から秋にかけて赤・紫・黄色・絞りなどの色を咲かせます・
紅色の花びらを絞って女の子が爪を染めたところから「爪紅(つまくれない)とも呼ばれています。
この句は、まことに素直に「正直に咲いてこぼれる」鳳仙花の花の特性をよく捉えています。
作者えんどう・ごいつの紹介は、2006年10月16日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2008年08月18日 06:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2407