[2008年08月31日]

秋の蚊や女専用車へふらり

榊原風伯

秋の蚊が秋の季語。別れ蚊、残る蚊、後れ蚊、八月蚊、蚊の名残なども同意の季語です。
この句は、実景です。間違えて女性専用車に乗ってしまったときにできた句です。私自身が「秋の蚊」になった心境でした。乗ってしばらくしてから間違えたことに気がつきました。赤面の至りですがどうしょうもありません。開き直って次の駅まで目をつぶっていました。幸い空いていたので周りの若い女性たちは知らん顔をしていました。それからは気をつけて乗るようになりましたよ。
電車に女性専用車が出現したのはいつごろからでしょうね。今では時間帯に合わせて常時運行しています。
(出典:「炎環」2005年12月より)
・今日は二百十日。台風のシーズンに入ります。それにしても「ゲリラ豪雨」が走り回っていますね。

投稿者 m-staff : 2008年08月31日 07:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2420