[2008年09月01日]

震災忌大鉄橋を波洗ふ

松村蒼石(1887~1982)

震災忌が秋の季語。震災記念日、防災の日も同意の季語です。
今日は防災の日、関東大震災が起きた日です。
1923(大正12)年9月1日午前11時18分、相模湾西部を震源とす
る大地震が関東地方を襲いました。死者行方不明14万あまり、全
壊消失57万戸。京浜地区に戒厳令が発布されました。
それから85年目。時は過ぎても大地震は必ず起きます。日常の備
えをしてできるだけ注意をしましょう。
作者は、京都の織物問屋の東京支店に勤務していて、関東大震災に
罹災しています。隅田川にかかる多くの橋も地震で傷みました。そ
れらの橋のひとつに、川波が洗っている音がします。
作者まつむら・そうせきの紹介は、2006年12月16日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)

投稿者 m-staff : 2008年09月01日 06:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2421