[2008年09月02日]

島山や鳴きつくさんと法師蝉

清崎敏郎(1922~99)

法師蝉が秋の季語。つくつく法師、寒蝉(かんぜん)、おしいつく
つく、つくつくしなども同意の季語です。
島山は、島にある山、または山から成り立っている島のことを言います。この場合はどちらでしょうね。伊豆大島や三宅島は火山が作った山ですね。太平洋に飛びとびに島があり、そのどれもが火山でよく噴火をします。火山の頂きに人がぶら下がって住んでいるという感じに見えます。
まさに鳴き尽くさんばかりに私の住んでいる横須賀市西公園の法師
蝉は、今日もオーシーツクツクと鳴いています。
作者きよさき・としおの紹介は、2006年3月16日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・福田首相退陣にはびっくりしましたが、自民党+公明党の政権が瓦解したというのが本筋ではないでしょうか。またまた政局から目が離せなくなりました。国民は怒っているぞ!

投稿者 m-staff : 2008年09月02日 06:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2422