[2008年09月14日]

檸檬青し海光秋の風に澄み

西島麦南(1895~1981)

檸檬(れもん)が秋の季語。レモンも同意です。
レモンが1個台所に転がっています。レモンほど青春という言葉が似合う果物はありません。日本ではわずかに瀬戸内地方で栽培されていますが、ほとんどは米国カリフォルニア産の輸入物で、戦後進駐軍と一緒に海を渡ってきました。1年中店頭に並んでいるのでどうして秋の季語といぶかる人も多いのですが、ゆずや酢橘(すだち)などと並んで秋果とされています。
まだ青い檸檬が実っている丘には、秋の風に澄んで海が光っています。いい風景ですね。
作者にしじま・ばくなんの紹介は、2006年2月8日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2008年09月14日 05:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2434