[2008年09月25日]

紅葉して桜は暗き樹となりぬ

福永耕二(1938~80)

紅葉が秋の季語。桜紅葉も同意の季語です。
横須賀市西公園の野球場の周りに植えられている桜の木が少しずつ紅葉になり始めました。
桜は、ほかの木に先立って紅葉して、早く散り始めます。桜の紅葉は虫食いにあったり、黄ばんでいたり、赤らんでいたり、さまざまな形で散ってゆきます。
この句は、いち早く紅葉して、散ってゆく桜を「暗き樹」と表現したところに新鮮な感覚を覚えます。
作者ふくなが・こうじの紹介は、2006年4月9日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)
・学習院大学政経学部出身の麻生首相誕生。自民党政権最後の総理かも知れず。

投稿者 m-staff : 2008年09月25日 06:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2445