[2008年10月12日]

殺戮もて終へし青春鵙猛る

松崎鉄之介

鵙猛(もずたけ)るが秋の季語。百舌鳥(もず)、鵙の高音、鵙日和、鵙の声、鵙の贄(にえ)なども同意の季語です。
鵙は、肉食で捕らえた蛙や蜥蜴を木の枝に突き刺します。キーッ、
キーッ、キキキ、と鋭く鳴くので鳴き声を詩に詠むことの多い鳥です。
作者は、1941年1月から中国に出征し、1945年9月から1947年5月までシベリアに抑留されました。まことにつらい青春時代を過ごされました。それを鋭く「殺戮(さつりく)もて終えた」と表現されています。
真実を吐露したこの作品は今になって輝きを増しています。
作者まつざき・てつのすけの紹介は、2005年4月8日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)

投稿者 m-staff : 2008年10月12日 18:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2466