[2008年11月03日]

人の膝にハンケチ白し文化の日

中山純子

文化の日が秋の季語。明治節も同意の季語です。
皇居で文化勲章の授与式があります。
この句は、文化の日に白いハンケチを膝の上に広げている人とだけ言っています。そこから類推すると、文化の日に因んだ何かの祝宴で女性がスカートを気にして白いハンケチで膝を覆っているのではないかと考えられます。それが季語の文化の日にぴったりの様子がうかがえます。ドナルド・キーンさんや田辺聖子さんなど、日本の文化に貢献した人たちの働きは見事ですね。
作者なかやま・じゅんこは、1927年金沢市の出身。日蓮宗のお寺に生れました。父の死、夫の死でお寺の法灯を継ぎました。
俳句は、金沢で創刊された沢木欣一主宰の俳誌「風」に参加し、活躍しました。
(出典:「合本俳句歳時記・第三版」角川書店、2003年刊)
・2日、横浜から生後7か月の男児を連れて長男一家が遊びに来ました。あやすとよく笑いました。

投稿者 m-staff : 2008年11月03日 10:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2498