[2008年11月17日]

万両や癒えむためより生きむため

石田波郷(1913~69)

万両が冬の季語。実万両も同意の季語です。
その実が千両に勝るというので、万両という縁起のよい名前がついています。千両、万両と並べられていますが、千両はセンリョウ
科で、万両はヤブコウジ科ですから植物の分類では別物です。暖地の陰に生じ、庭などでも栽培されています。
作者の声が聞こえるようです。早く病気を治したい、抗生物質が出回って元気になる人もいるのに、どうして自分は直らないのかという呻きの聞こえてくるような気がします。病気が治るよりも生かしてくれという絶唱です。
作者いしだ・はきょうの紹介は、2005年2月13日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)

投稿者 m-staff : 2008年11月17日 07:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2514