[2008年12月28日]

蛤の舌出してをり年の市

中川宋淵(1907~84)

年の市が冬の季語。節季市、暮市、歳末大売出し、クリスマス大売出し、師走の市なども同意の季語です。
正月の用意はもうお済になりましたか。
年の市は、12月半ばから大晦日まで1年の締めくくりを兼ねてあちこちに市が出ます。江戸以来有名なのは、深川八幡宮、浅草観音、神田明神、芝愛宕、麹町平河天神などです。
この句は蛤が舌を出しているという滑稽さがなんともよいですね。
ここで拙句をひとつ。
鉢巻の勢ひで売る年の市    風伯
作者なかがわ・そうえんの紹介は、2005年3月8日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・今日は正月用の買出し。

投稿者 m-staff : 2008年12月28日 08:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2559