[2009年01月25日]

晴天にただよふ蔓の枯れにけり

松本たかし(1906~56)

蔓(つる)の枯れが冬の季語。枯れ蔓、枯れかずらも同意の季語です。
横須賀市西公園の武山に連なる雑木林に、枯れ蔓のかかった椎の木があります。冬晴れの日などに海からの強い風にあおられてまるで空を漂っているように見えます。
この句のような情景を目の前にして、わたしも句を作ろうとして呻吟しますが、なかなか形にはなりません。
蔓性の植物には、蔦、藤、あけび、野ぶどう、自然薯、藪などがあります。ほかの木などにからんだり、すがったりして枯れている様子は面白いものがありますね。
作者まつもと・たかしの紹介は、2005年4月18日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・相模湾に白波が立っています。

投稿者 m-staff : 2009年01月25日 08:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2593