[2009年02月13日]

菜の花といふ平凡を愛しけり

富安風生(1885~1979)

菜の花が春の季語。花菜、菜種の花、油菜、菜種菜、花菜風なども同意の季語です。
散歩道のあちこちで菜の花が咲き始めました。春の息吹が感じられます。黄色の十字形の花をたくさん咲かせます。畑に菜の花の波が揺れている風景はとても美しいものですね。
古来、菜の花の「菜(な)」は、副食物を表す「肴(な)」や食用にする魚の「魚(な)」と同じ語源で、食用にする草本を総称する語といわれています。
この句には何の言葉も要らないでしょう。ただ味わってください。
作者とみやす・ふうせいの紹介は、2005 年2月6日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・自民党にいま小泉さんが出てくれば混乱に拍車がかかり、世直しをそっちのけに政争になりそうです。

投稿者 m-staff : 2009年02月13日 09:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2612