[2009年02月23日]

夕支度春菊摘んで胡麻摺つて

草間時彦(1920~2003)

春菊が春の季語。しんぎく、菊菜も同意の季語です。
春菊は食用のために畑で栽培されるキク科の植物。地中海が原産地です。春先に若菜を摘んで、おひたし、あえもの、鍋ものに入れて、その匂いと色を楽しみます。若い葉を春先に味わうので春菊と言っていますが、俗にしんぎくともいいます。
この句は、季節感にあふれています。春菊を摘んですり鉢で胡麻をすって今日の夕支度(ゆうじたく)がいっそう豪華になりましたね。
作者くさま・ときひこの紹介は、2005 年7月11日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・今朝は冷たい雨が降っています。
・・WBCジャパンの28人が決まりました。3月5日からアジア予選です。

投稿者 m-staff : 2009年02月23日 08:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2622