[2009年02月28日]

薔薇の芽のとげの優しき耳順かな

榊原風伯

薔薇の芽が春の季語。茨の芽も同意の季語です。
薔薇の芽は、春先に剪定を行います。その剪定したところから芽が出てきます。芽は品種によって色が異なり、それぞれに捨てがたい味があります。薔薇は夏の季語です。
耳順(じじゅん)は、「論語」の「六十而耳順」(60歳になれば修養ますます進み、聞くところ、理にかなえば何らの障害なく理解しうることの意味)。60歳の異称で、還暦のことをいいます。
この句はわたしが還暦になったときに作りましたが、それ以来少しばかりは人の話を良く聞くようになりましたね。
(出典:「炎環」、2002年5月号より)

投稿者 m-staff : 2009年02月28日 10:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2627