[2009年03月16日]

大学の庭に大根花咲けり

澤木欣一(1919~2001)

大根花が春の季語。花大根(はなだいこ)も同意の季語です。
春たけなは、菜の花と同じように薹(とう)を立てて、白または紫がかった白色の四弁の十字の花を咲かせます。種を取るために、畑に残した少数のものが花を咲かせるので、菜の花と比べてどこかひっそりとさびしげに写ります。
この句の大学はどこでしょうね。学生たちにとっては大根の花などは目に入らないのでしょうが、俳人には心を打つ何かわびさびの気持ちが伝わってくるようですね。
作者さわき・きんいちの紹介は、2005年3月8日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)
・日本がキューバを6:0で破りました。松坂のおかげ。

投稿者 m-staff : 2009年03月16日 09:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2643