[2009年04月27日]

木がくれの斯かる処に巣箱あり

菅 裸馬(1883~1971)

巣箱が春の季語。
西公園の榎木に緑色の巣箱が3つほど見かけます。かなり前から鳥が巣を作るかしらと見ていますが、一向にその気配はありません。何が気に入らないのでしょうね。
巣箱には、木製、丸太製、コンクリート製、竹製などがあり、それぞれに趣がありますね。巣箱によく入る鳥は、雀、四十雀(しじゅうがら)、山雀(やまがら)、椋鳥(むくどり)などといわれています。
この句は、「斯(か)かる処(ところ)」にと樹木の隠れたところに巣箱を見つけた喜びを表しています。
作者すが・らばの紹介は、2005 年1月17日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・土曜日は雨、日曜日は風。今朝の富士山は、かなり雪が融けた姿を見せています。

投稿者 m-staff : 2009年04月27日 09:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2687