[2009年06月04日]

花菖蒲夜は翼のやはらかし

有馬朗人

花菖蒲(はなしょうぶ)が夏の季語。白菖蒲、黄菖蒲、菖蒲園、菖蒲見も同意の季語です。
菖蒲は、野生の野花菖蒲を原種として、改良された日本特産の園芸植物で、江戸時代に広く普及しました。水辺などの湿地で栽培されていて次々と改良種が生れています。多くは、江戸花菖蒲、肥後花菖蒲、伊勢花菖蒲に三大別されています。
この句は、おおらかにして繊細、菖蒲のよいところを余さず伝えてくれますね。「夜は翼のやはらかし」で詩人の感性を感じます。
作者ありま・あきとの紹介は、2005年1月11日を参照。
(出典:青柳志解樹編著「俳句の花・下巻」、創元社、2008年刊)

投稿者 m-staff : 2009年06月04日 10:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2725