[2009年06月23日]

太宰の碑濡らせしビール頒けて飲む

山口誓子(1901~94)

ビールが夏の季語。麦酒、生ビール、黒ビール、ビヤホール、ビヤガーデン、缶ビールなども同意の季語です。
この句のような光景はよく見られますし、実際に行ったこともあります。多磨墓地へ飲兵衛の友達の墓参りに行ったときでした。
ここでは、太宰の碑に、ビールをかけて、そのあと仲間でビールを
頒(わ)けて飲んでいます。それが供養というわけです。よく分かりますね。
作家の太宰治の墓は、三鷹市禅林寺にあります。毎年6月19日には桜桃忌が修せられます。1948(昭和23)年6月13日に玉川上水で愛人と入水自殺をしました。見つかったのは19日、誕生日でした。
作者やまぐち・せいしの紹介は、2005年1月19日を参照。
(出典:「合本現代俳句歳時記」角川春樹事務所、2004年刊)
・梅雨空の下、今朝は富士山が顔を見せています。

投稿者 m-staff : 2009年06月23日 10:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2744