[2009年07月14日]

夏萩やすいすい夕日通り抜け

大野林火(1904~82)

夏萩が夏の季語。青萩、若萩も同意の季語です。
我が家の家の周りは、この句のような情景です。いま、ちょっとした高台のマンションに住んでいますが、家にたどり着くには、夏萩の咲いているところを通り抜けなくてはなりません。咲いているというよりは大量に茂っています。この句は、「すいすいと」夕日の中を通り抜けています。
夏萩は、広く秋に先駆けて咲き、南天萩、猫萩、野萩などをいいます。
作者おおの・りんかの紹介は、2005年6月13日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・いま午前10時、メジャーリーグの公式サイトでは「ホームラン競争」をやっています。

投稿者 m-staff : 2009年07月14日 10:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2766