[2009年07月31日]

人嫌い亢じて夜のサングラス

榊原風伯

サングラスが夏の季語。日よけ眼鏡も同意の季語です。
サングラスは、強い日光の直射を防ぐためのガラスに色のついた眼鏡です。
人に会うのが商売の編集者をやっているころに、人嫌いが亢(こう)じたのと変身願望もあってサングラスを一日中かけていたことがあります。人から見ればなんてキザな奴と思われていたことでしょうね。
普通の会社員になったときは、勿論、サングラスをはずしました。いまではサングラスもファッション性が重要視されて、多くの人がかけています。似合う人は少ないですけどね。
(出典:「雲雀」2001年9月号より)
・天気が悪い。何かが起こりそうな予感。

投稿者 m-staff : 2009年07月31日 10:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2783