[2009年08月11日]

秋の蝉梵鐘にあたりてひびきけり

中川宋淵(1907~84)

秋の蝉が秋の季語。秋蝉(しゅうせん)、残る蝉も同意の季語です。
蝉は夏の季語。8月が最盛期です。蝉にはいろんな種類があって、出現の遅いものもあります。ひぐらし、あぶらぜみ、みんみんなどは9月半ばまで鳴いています。秋の蝉は、済んだややさびしいうつろな静かな感じがします。
作者は臨済宗のお坊さん。梵鐘(かね)にあたって生涯を終える蝉をあたたかく見つめていますね。
作者なかがわ・そうえんの紹介は、2005年3月14日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・今朝5時7分の地震には驚きました。台風9号に駿河湾地震、ダブルパンチではないかと心配です。

投稿者 m-staff : 2009年08月11日 11:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2797