[2009年08月14日]

地の曇りしづかに盆の蓮を剪る

内藤吐天(1900~76)

盆が秋の季語。盂蘭盆、魂祭、盆会、精霊祭りなど同意の季語です。
8月13日からお盆に入りました。正月と並んで、1年の前後を分ける大事な節目になる行事です。
盆休みは、民族大移動となりますので、交通ニュースが大事です。高速道は、値段が下がり、より多くの車がひしめき合って熱いことですね。
わたしは、人の出かけるときに出かけないということをモットーにしてきました。この作者もお盆に当たって、しずかに自宅で蓮を剪(き)っていると伝えてくれます。
作者ないとう・とてんの紹介は、2006年8月25日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・3歳の男児、7歳の女児と「お台場合衆国」へ出かけ、あまりの暑さと人出にびっくり。巨大なガンダムに会いました。

投稿者 m-staff : 2009年08月14日 09:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2800