[2009年08月25日]

鶏頭は百姓の花肉厚く

大井雅人

鶏頭(けいとう)が秋の季語。鶏頭花、槍鶏頭、韓藍(からあい)も同意の季語です。
散歩する近くの大根畑の脇に、14、15本の鶏頭が夕日の中に揺らいでいます。鶏に似た赤いとさかが印象的な花です。
夏の終わりごろから10月ごろまでと長い花期咲いています。ヒユ科の1年草。高さが1メートル以上にもなります。花の色は、赤、黄、橙、白などがあります。
この句は、まさに日常見ている風景をよくまとめています。農家の人が丹精込めて咲かせている鶏頭は、散歩人の楽しみになっています。「肉が厚い」とは、いいえて妙ですね。
作者おおい・がじんの紹介は、2009年2月3日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・イチローが左足のふくらはぎに異変。大変だ。
・・今朝方の緊急地震速報で飛び起きた。気象庁のシステム誤報。原因をしっかり調べてほしい。

投稿者 m-staff : 2009年08月25日 10:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2812