[2009年10月23日]

奥入瀬の水に樹に立つ秋気かな

吉田冬葉(1892~1956)

秋気が秋の季語。秋麗、秋澄む、秋気澄むなども同意の季語です。
奥入瀬(おいらせ)は、青森県の川の名前。十和田湖の発し、八戸を経て、太平洋に注ぎます。清らかな印象を受けますね。
この句のような写真を見たことがあります。秋の気配の中で、樹木が川の流れに立っていて、それが秋気を誘うようであると詠っています。
今日は、霜降。霜が降りるほどに寒くなってきた時期をいいます。
たしかに、朝晩は少し寒くなって来ていますね。
作者よしだ・とうようの紹介は、2006年11月5日を参照。
(出典:「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・さて、ヤンキースはエンジェルスに勝てるでしょうか。日本のクライマックスシリーズの勝者は、巨人と日本ハムかしら?

投稿者 m-staff : 2009年10月23日 08:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2883