[2009年11月11日]

枯葉かく人も枯葉の色に似て

中川宋淵(1907~84)

枯葉が冬の季語。
横須賀市西公園の樹木が枯れて落ち葉になり、園丁の皆さんは毎日、一生懸命に掃除をしています。散歩の道すがら、その人たちと挨拶が日課になっています。
このところいつもこの句にあるような状況に出くわします。園丁の皆さんのユニフォームも枯葉色に見えます。いったい、落ち葉を掻くときに何を考えているのでしょうか。樹木に対する愛情がないとできない仕事ですね。尊敬の念で見ています。
作者なかがわ・そうえんの紹介は、2005年3月14日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・雨の横須賀です。森繁久弥が96歳で亡くなりましたね。佐島マリーナを愛した人でした。マスコミでは「予定原稿」を用意していたようです。

投稿者 m-staff : 2009年11月11日 09:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2908