[2009年11月19日]

叱るほか言葉を知らず蜜柑むく

木村蕪城(1913~2004)

蜜柑(みかん)が冬の季語。蜜柑山、温州蜜柑、紀州蜜柑、伊予蜜柑なども同意の季語です。
蜜柑がスーパーに出回りましたね。三浦半島も蜜柑の産地で小粒ですが、甘くおいしい蜜柑が食べられます。わたしの家でも箱で早速手に入れました。1日1個必ず食しています。
瀬戸内、九州、静岡、神奈川が特産地といわれていますね。北海道での正月は、蜜柑を顔が黄色くなるほど食べたものでした。
この句は、一家団欒のときに、子供が親にしかられている様子が目に浮び、自分の小さいころを思い出しました。
作者きむら・ぶじょうの紹介は、2007年8月3日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・7年ぶりに健康診断(人間ドック)、異常なし。

投稿者 m-staff : 2009年11月19日 10:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2924