[2009年11月30日]

道しるべ黄昏紅葉散るばかり

榊原風伯

紅葉散るが冬の季語。
この句は、東京日本橋に吟行をしたときに出来た句です。日本橋には、隅田川と外堀とを結ぶ日本橋川にかかり、橋の中央には全国への道路元標があります。1603(慶長8)年に創設されました。現在の橋は、明治の終わりに架けられました。花崗岩で出来ています。
日本橋は会社勤めをしていた私にとってまことに思い出の多い土地です。いまでは町並みも大きく変わりました。べつたら市が懐かしく感じられます。
この句は見たままを写しています。人は集まり、やがて去ってゆきます。その栄枯盛衰を道しるべが見ています。
(出典:「雲雀」1999年2月号より)
・俳人川崎展宏が亡くなりました、82歳。本欄では8句取り上げています。
 熱燗や討入りおりた者同士   展宏

投稿者 m-staff : 2009年11月30日 10:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2938