[2009年12月23日]

スキーヤー伸びつ縮みつ雪卍

松本たかし(1906~56)

スキーヤーが冬の季語。スキー、スキー場、ゲレンデも同意の季語です。
今年は、暖かい冬でスキー場は雪不足といわれていましたが、ここのところの冷え込みで雪はきちんと降っていますね。
道産子ですので、スキーは日常の遊びでした。高校の体育の時間には、自衛隊払い下げのエッヂのない幅広のスキーで30度の傾斜を滑ったものです。
この句は、雪卍が面白い表現ですね。卍(まんじ)は、万字の意味で、梵語が出典。功徳円満をいいます。ここでは卍のような形を指します。スキーヤーが滑った後の軌跡が卍の形をしているのをこのように言っています。
今日は、今上天皇の誕生日。健康を祈ります。
作者まつもと・たかしの紹介は、2005年4月18日を参照。
(出典:平井昭敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)

投稿者 m-staff : 2009年12月23日 10:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2964