[2010年01月13日]

歌留多とる皆美しく負けまじく

高浜虚子(1874~1959)

歌留多が新年の季語。カルタ、花がるた、いろはがるた、歌歌留多なども同意の季語です。
正月に7歳と3歳の孫と初めて「いろはがるた」をしました。7歳の女児はひらがなを覚えていましたが、3歳の男児はまだこれから。最後は自分の思うようにならずに泣き出す始末。来年はどうでしょうかね。
歌留多の語源は、ポルトガル語、イスパニア語のカルタから来ているといいます。この句の歌留多はもちろん小倉百人一首。美女が負けるのをいやがって猛然と美しく(?)カルタ取りに精を出している様子がうかがえます。
作者たかはま・きょしの紹介は、2005年1月7日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」河出文庫、1989年刊)
・東京に初雪が降りましたね。今朝の横須賀は晴れて、相模湾は波が高く、ウサギが飛んでいるように見えます。

投稿者 m-staff : 2010年01月13日 09:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/2992