[2010年04月10日]

碇草生れかはりて星になれ

鷹羽狩行

碇草(いかりそう)が春の季語。錨草も同じです。
ベランダの鉢植えの中に碇草が咲いています。
不思議な形をした花ですね。淡い紫色の花は花弁がそりかえって船の碇の形のようで、5~6個の花が風にゆれている様子は、繊細にして優美です。
メギ科の多年草。茎は3つに枝分かれして長いハート形の葉をつけます。昔から薬草として知られ、強壮剤になっていますね。
この句は、碇の形をした花が空いっぱいの星のように浮かんでいる様子を考えていると、さらに想像力がかきたてられますね。
作者たかは・しゅぎょうの紹介は、2005年2月1日を参照。
(出典:「日本大歳時記」講談社、1982年刊)
・ダイキン製の空気清浄機で発火し、87万台がリコール。我が家も申し込まなくては…。

投稿者 m-staff : 2010年04月10日 10:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3123