[2010年04月29日]

鳥交み人の睡りのうつくしき

松瀬青々(1869~1937)

鳥交(つる)みが春の季語。鳥交(さか)る、雀交る、鳥つがふ、鳥の妻恋、鳥の恋、鳥の舞なども同意の季語です。
ここのところ鳥がにぎやかに囀っています。うるさいぐらいです。
春は、年1回の鳥の繁殖期で、雄が雌を誘い、雌が雄を刺激します。交尾期のあとに孕み鳥の季節になります。囀りは雄の縄張り宣言と雌へのラブコールです。
この句は、鳥の交尾の事象と人間の睡りという営みを比較し、考えさせられ句になっています。
今日は、昭和の日。昭和天皇の誕生日。昭和天皇は昭和64年1月7日に崩御されました。
作者まつせ・せいせいの紹介は、2007年4月5日を参照。
(出典:辻 桃子監修「俳句の鳥」創元社、2007年刊)
・今日から連休にしてしまえば5月6日まで8日間休めます。製造業ではそのようなローテーションを組んでいるところもありそうですね。

投稿者 m-staff : 2010年04月29日 09:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3146