[2010年06月11日]

樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ

日野草城(1901~56)

梅雨はじまるが夏の季語。梅雨めく、梅雨に入る、梅雨入(ついり、つゆいり)、入梅なども同意の季語です。
去年の入梅は、6月10日でした。今年は遅れそうですね。
梅の実が熟するころ降るので梅雨と言いますが、豪雨ではなくて地雨(じあめ)のことを言います。梅雨の終わりごろには集中豪雨がありますね。梅雨期は、約30日間続きます。入梅の判断は、気象庁の腕の見せ所です。
この句では、「梅雨」を「ばいう」と呼んでいます。梅雨を楽しんでいる余裕さえ感じられますね。
作者ひの・そうじょうの紹介は、2005年1月9日を参照。
(出典:角川書店編「合本俳句歳時記第三版」、2003年刊)
・宮崎県の家畜被害は想像を超えて拡大。完全封鎖になるのでしょうか。

投稿者 m-staff : 2010年06月11日 10:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/3223